« (566)大河ドラマ | トップページ | 「ありがとう」の言葉を歌にのせて・・・ »

2016年4月 8日 (金)

(567)さくらさく

640x448 この写真は去年連雀で撮ってもらったものだ。 連雀とは週2回入浴、昼飯に通っているデイケアセンターのことだ。 朝9時半に行って、午後3時半におやつをいただいて帰ってくる。 このところ、寒かったり気温が高くなったりして不安定な天気が続いていたが、流石に選抜高校野球が始まるころになると天気も安定して、決勝戦は智弁学園と高松商業の組み合わせとなった。 家にいるときはベッドの足元にテレビが置いてあり、毎日観戦していたので勝ち上がってきた両校の選手が顔馴染みになった。 優勝校の選手には祝杯をあげるのだが惜しくも敗れた高松商の選手の顔が気の毒で見ていられなかった。

 2016040613070012月14日に志木に住む節子の兄が亡くなり先日納骨を済ませた。私は葬式にも行かれず不義理をしたが、今生の別れに参列できないことは誠に残念で、女房にも顔向けできない。 葬儀にも参加しないということは、社会人として半人前で義兄に申し訳ない。 

そんな塩梅で、さくらコンサートにも出演はかなわず、当日は何とか聞きに行った。 「第9回さくらコンサート」 この会場となった昌平小学校の多目的ホールは音響がよく、婿さんの所属するコミュニティースクールの協力を得て9回も継続している。入場料はワンコインでその総額を千代田区のさくら再生基金に寄付している。 そこで我々シニア会が歌い、ゲストも呼ぶ。今年はチェロとピアノのデュオであった。 音大卒のプロのアーティストでも発表の機会は多くはなく、薄謝で出演を引き受けてもらった。 地元の人が普段着で楽しめるコンサートである。 開場の際に千代田区の公園課の方が、継続して寄付をしていることに感謝の言葉を述べた。 「継続は力なり」というが、寄付の総額も約100万円となり、長きにわたって千代田区に貢献できていることを嬉しく思う。

 シニア会は久石譲作曲の「StandAlone」を演奏した。この曲はNHKの大河ドラマスペシャル「坂の上の雲」のテーマソングで森真季が歌っているものを男声合唱にアレンジしたものだ。 丁度最近「坂の上の雲」のビデオを借りて見たところだったので、あれこれと感じるものがあった。
 昨年の、大河ドラマの「花燃ゆ」でも描かれていたが、明治の新政府になってわずか20年という短い間に貧しい日本が軍備を整え、大国ロシアとの戦争に勝利したのだから、当事者の苦労はいかばかりであっただろうと思われる。今日の日本があるのは、そういった先人の苦労があったからこそであるのに、その歴史に学ぶことなく、次はアメリカと戦争をしてしまったというのは、
それなりに日本の置かれている立場が難しくなっていたのだろうと思われるが、とても残念なことだと思う。

« (566)大河ドラマ | トップページ | 「ありがとう」の言葉を歌にのせて・・・ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (567)さくらさく:

« (566)大河ドラマ | トップページ | 「ありがとう」の言葉を歌にのせて・・・ »