« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月24日 (木)

(565)当番と下見

Pb073970 左の写真は昌平橋の西詰にある花壇で、私が町会長を務めていた時に設営した。「アダプトシステム」という聞きなれない名称の契約を千代田区役所と交わしたので、年に2回、春と秋に花を給付してくれる。

 アダプトシステムとは、英語で養子縁組のことを意味し、国や自治体が管理している道路や公園などの一部を地域の方々や企業・団体が引き受け、花壇の管理や清掃などを通して、環境美化活動をする制度です。

 町会の婦人部の皆さんが、総出で植え替え作業や日々のお世話をしてくれているが、その作業を通じて、皆さんが地元に何らかの貢献をしているという自覚と愛町心が生まれているのではないかと思っている。

 一か月交代のお世話当番が、水やりや清掃をしている。現金なもので、晴れの日が続くと、たびたび水やりに行かねばならないので、当番の時は雨が降ると好都合と思う。

 話は変わるが、11月29日は娘二号の結婚記念日だというので、挙式をした上野精養軒にランチに行こうと連絡があった。私は連れて行ってもらえるのならどこでも良いのだが、そういえば来年の6月5日が亡き母の七回忌にあたり、法事の場所を探しているところなので、下見大好き人間としては、精養軒も良かろうかと、下見もかねて、車で出かけていった。ところが、精養軒は大変な混雑で、受付で「一時間半待ち」と言われて恐れをなして退散し、どこかランチができるところはないかと立ち話。湯島の天麩羅屋「天庄」にここしばらくご無沙汰していたことを思い出し、そちらに移動した。幸い、そちらは空いていて、久しぶりに天麩羅定食を堪能した。亡母は、こちらの天麩羅が大好物だったので、私の兄妹も母に連れられてよく通っていたものだったので、法事もこちらが良いのでは…と思い立ち、話をしてみたところ、空いているとのことだったので、早速予約を入れてしまった。兄妹一同の他に子供や孫を含めると20人以上の大人数になるので、座敷の他に揚げたてを目の前で供していただけるカウンター席も含めて全館貸切で予約を入れてしまった。

 

 

 

Pb073969

Pb073968_2

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »