« (563)文化の日 | トップページ | (565)当番と下見 »

2015年11月22日 (日)

(564)河口湖一泊旅行

Photo 11月15~16日に河口湖に連れて行ってもらった。心配していた天気も回復して暖かく、私の体調も良かったので、楽しい旅行ができた。

河口湖には学生時代のグリークラブの合宿、OBになってからの合宿などで何度か訪れているが、温泉が出るようになってからは初めてである。宿は富士レークホテル。バリアフリーになっていて車椅子のままで移動でき、トイレも多目的用に広くつくってあった。大浴場には入れなかったが、個室の風呂からは富士山が見えて、大変良かった。かけ流しの湯に浸りながら富士山が見える贅沢を堪能した。家族風呂を予約しておいたので、娘たちにリフトを操作してもらい、大きな風呂にも入ることができた。夕食は個室で家族だけでゆっくり過ごすことができた。

Photo_2 同行者は女房と娘2号夫婦と娘4号だった。普段介護で世話になっているのでそのお礼の意味で連れて行った…と書くと、ずいぶんと大仰だと思うが、私の具合が悪くなってからは、なかなか旅行に出ることもできなくなっている。今回も、もし私の体調が悪くなったら、介護人は私を残して家を空けることもできなくなってしまうので、旅行がおじゃんになってしまうから、責任が重い。

往復、中央道を利用した。朝10時ごろに出発したのだが、道が空いていたので、12時には河口湖に到着してしまった。昼食には「ほうとう」をいただいた。

Photo_3 食後、かつて合宿で何度も行ったサニーデリゾートに立ち寄った。

最近、長時間座っていられないので、夕食時に一杯飲むと、途中で一休みしないと飯が喰えないおそれがあるので、アルコールも控えるようになってしまったが、今回は頑張ってビールから日本酒まで頂いた。

あくる日は山中湖を経由し東名道を利用して帰ってくるつもりだったのだが、女房が好きな与勇輝のミュージアムに立ち寄り、懐かしい人形たちに再会した。人形たちを鑑賞してからレストランでワインの試飲で新酒をいただいてきた。要介護5の病人が旅行に行ったり、ワインを飲んだりなど不謹慎だと思われるかもしれないので、この事はナイショにしておこう(笑)

Dsc_1299

昼食は談合坂のレストランでハンバーグを食べ、東京に戻ってきた。戻ってきた時は、秋の陽はつるべ落としの如くに落ちて、暗くなっていた。




車で連れて行って貰えれば、かなり遠くでも行けそうだということが解り、娘たちも誉めてくれて、また行こうということになった。大蔵省が頑張って元気でいないと行かれないので、みんなが「頑張った」と誉めてくれるのだろう。

« (563)文化の日 | トップページ | (565)当番と下見 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (564)河口湖一泊旅行:

« (563)文化の日 | トップページ | (565)当番と下見 »