« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月31日 (土)

(562)秋深まる

 今年の秋は天気が良Pa243936_480x640く晴れの日が多い。 先日、寝ているのも飽きて散歩に出た。 散歩に出るといっても、最近は歩けないので車椅子を押してもらう。女房も80歳の高齢になったので、坂道は力が無くて乗ってる方も不安だから、娘の暇な時でないと散歩に出れない。 
 
 家の近所に湯島聖堂と神田明神がある。湯島聖堂の縁起を読むと、上野寛永寺の傍らからこの地に 五
代将軍綱吉のころ引っ越してきたらしい。江戸幕府の学問所として現在の東京大学のように官立の学業所のような存在であった。 文京区のふるさと歴史館の展示をみると、元禄時代にこの地に創建された湯島聖堂は、今の医科歯科大および順天堂病院の敷地まで広がっていたようだ。 私の子供の時代は東京医科歯科大学は空き地だった。 私の親父の時代は「桜の馬場」と呼ばれていたようだ。  明治になって、師範学校(現 筑波大学)が作られた。したがって筑波大のOB会は茗渓会と称するが、江戸城の外堀の役目をする神田川が中国の茗渓の景色によく似ているというので この名がつけられた。 山形に旅行をした時現地の藩校の致道館に湯島聖堂の写真が展示してあったので嬉しかった。

 今は立ち入り禁Pa243945_640x480_2止になっているが、戦争中は外苑も整備されていたので、私の子供時代よく遊びに行った。 戦後のバラック時代、家が狭いのでよく大成殿の裏の空き地に行って、小説を読んだものだ。 「嵐が丘」や「狭き門」をここで読んだ記憶がある。 書斎がわりにおせわになった

 神田明神前の交差点を渡ったところに芸そう堂という版画屋さんがある。会長の婿さんが新築のマンションに移ったので、お祝いに伊藤若沖の版画を買ってプレゼントした。たまたま朝日新聞に10月26日夕刊に若沖の天井画を版画にして展覧会を開くという記事が出ていた。タイミングとしては絶好の時期なのでこの新聞も贈り物と一緒に添付して差し上げた。京都の信行寺という寺の天井画を紹介している。

 

Photo伊藤若沖
京都高倉錦小路の青物問屋の長男に生まれ、15歳頃から絵を学び、40歳で弟に家督を譲ると画業に打ち込んだ。動植物を写実的に描く一方、無数のマス目を絵具で埋めていく「升目描き」を用いたり、点描やにじみを生かす水墨画を生み出したり、様々なアイデアを駆使した。


 

2015年10月21日 (水)

(561)テレビ




 動けなくなってからテレビを見ることが多くなった。 16日から日本オープンが始まったので金曜日の予選からテレビで観戦した。 結果的には小平智が初優勝したが前年優勝した池田勇太と日曜日はマッチプレイのようになってエキサイトし、小平の優勝となった。

 ベッドで寝ながら見られるので、いままで溜めておいた録画も見る。先日は、アニメの「かぐや姫」を見た。ラブロマンスとして仕上げられているが、私の記憶では月に戻ったかぐや姫に、月に一番近い富士山の上に登ってラブレターを焼いて、その煙が今も立ち上っているという結末になっていたはずだ。そのアニメ映画で、その部分をどう表現するのか待っていたのだが、そのシーンはなかった。私としてはそのシーンが最もロマンチックだと思うのだが。
それと、当時は富士山が噴火をしていたことも解る。

 山田耕筰のドキュメント風のドラマが放映されて、作曲家として有名になる前の足跡を知ることが出来た。 戦争中は高名な音楽家として軍部に利用・協力させられ、ご苦労されたようだ。山田耕筰は芸大の声楽科に入学した。当時は作曲科がなかったのだそうだ。主役の山田耕筰は石丸幹二(劇団四季)が演じた。毎年訪れていたニューイヤーオペラコンサートに、今年は行かれなかったので、先日その録画を見たときに、この石丸幹二が司会者をやっていたので、縁があるなあと思った。

Pa193919_530x640 この写真は劉備玄徳の木彫である。 1998年4月に中国を旅行した時に求めたものである。土産物屋に三国志の英雄豪傑(関羽・張飛・諸葛孔明・曹操等)が並べられていたが、私は劉備玄徳の木彫しか買ってこなかった。今にして思うとそれ以外も求めておけばよかったと思う。

 三国志は、中国の後漢末期から三国時代にかけて群雄割拠していた時代(180~280年頃)の興亡史である。魏・呉・蜀の英雄豪傑が活躍した話である。私は、高校生の頃にこの話を読んで感動した覚えがあるので、暇に任せてこのドラマを見ることにしたが、DVDで48枚もあるから、恐れをなしてNHKで放映したDVDを見たが、そちらはストーリーが簡略化されていて面白くなかったので、一念発起して48枚の方に挑戦することにした。

 中国が威信をかけて制作した作品らしいが、48枚というと、生きているうちに見終えることができるかどうかがわからない。だが、楽しみが増えて寝ていることも苦にならなくなった。

 

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »