« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月 8日 (月)

(556)テレビ

003_640x536 近頃は病気が進んで1時間と座っていられないので、リビングではベッドに横になってテレビを見ている時間が多い。以前は見なかった国会中継も面白く、防衛問題、久しぶりで早慶戦、中国長江の事故など 退屈することが無い。98年4月に中学の仲間と長江下りをした写真を冒頭に載せたが、我々が乗った船が沈んだのかと思うと無事に旅行が出来たことを今更ながら感謝している。写真の説明を書いておく。重慶から乗船した船 この度の事故と同じような構造の船であった。300人以上の死者が出たといわれている。韓国の事故もそうだが、なぜか船長が無事なようだ。私達はそのような事故があろうとは全く考えずに観光出来たが、危険は常に隣り合わせにあり、忘れられるほど事故が少ない。

 デイサービスで先日雑談している時に新たに入った方が、私のことを「何も苦労が無く人生を送られてきたようだ」と 言われたが、反論することもないので「お陰様で自分の人生は順風満帆で 感謝しております。」と 答えたが、振り返ってみると常に私は大勢の友人に恵まれて美味しい酒を呑むことが出来て幸せだったと思う。今 身体が不自由になって病院通いを続けているが、女房が元気なのと親孝行の娘が5人と孫もそばにいてくれて何やかやと面倒を見てくれる。今になれば娘ばかりで幸せだった。79歳までゴルフが出来、コーラスもついこの間まで続けることが出来た。アフターコーラスには居酒屋で一杯やり 常に新しい曲に挑戦し、演奏会も開き、打ち上げでは大勢の人達から祝福され OB会でも一目置かれるシニア会をリードすることが出来て幸せだった。

002_640x281 写真は長江下りの船で撮ったものだが、三峡ダムが完成すると、景色が変わってしまう というので1998年に中学の同級生に誘われて参加した旅であった。李白の白帝城の詩「朝(あした)に辞す 白帝彩雲の間 千里の江陵一日にして還(かえ)る」の白帝城を見ることが出来た。詩は素晴らしいが、古跡は日本の城のようなものではなく期待外れだった。

001_640x292 この写真もその旅行で撮ったものだが、「耕して天に至る」が実感できるような景色であった。(クリックして写真を大きくしてみてください)日本の千枚田とスケールが違います。

野球は巨人戦をたまに見るが 6大学野球はほとんど見たことが無かった。プロ野球は応援がうるさいが、6大学野球は応援歌をよく知っているので懐かしかった。防衛問題は良く聞いてみるとまだ日本はアメリカに占領されているように思う。戦後70年にもなって防衛問題が自主的に考えられないような具合では独立国とは考えにくい。中国がアジアの盟主として力をつけてきたので 将来は難しい問題が起きるだろう。

 

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »